仮病で仕事やプライベートを意義のあるものに

3日以上の休みを欲しい時に使うべき症状は?

  • HOME »
  • 3日以上の休みを欲しい時に使うべき症状は?

どうしても3日以上の休みが欲しい。
手練の仮病者としては、そのような絶対不可能・難攻不落な牙城にあえて挑戦してみたくなるものです。

それは可能なのか? 不可能なのか?
端的に申し上げて、それはもちろん可能です。

たとえばその欲しい3日間が、一週間後・二週間後であった場合(その3日間でどうしても旅行に行きたいなど)、ほぼ百パーセントの確率で、実にあっさりとその牙城を崩せることと思います。

それではその理由の症状として、一体何を用いるのか?
脳の異常? 内臓疾患? ケガなどの外傷?
それは素人です。
すぐにバレてしまいます。
本日はここで、初心者にも簡単に出来る長期仮病の術を「特別に」伝授して差し上げましょう。
長期仮病の場合、おそらく多くの中級以上の仮病者はその症状として、

を選択するはずです。

長期の仮病では歯が有効

「歯?」と意外に思われる方も少なくないと思います。
「そんなもの、近所の歯医者で全部終わってしまうじゃないか! 歯で長期仮病なんて、絶対無理に決まってる!」

いえ。そんなことはありません。
歯で十分可能です。
いや、むしろ、他のどの疾患よりもリスクが少なく、また成功率も高いと言えます。

歯は顎関節と非常に密接な関係があり、噛み合わせが悪いと実に様々な他症状を引き起こす可能性があるのです。
それはたとえば、慢性的な頭痛・ひどい肩こりなどです。

仮病前、アナタが「3日間、歯と顎の検査のために休みたいのですが……」と告げると、おそらく上司は「歯って、キミぃ……」と呆れたような表情を浮かべることでしょう。
しかしその時は出来るだけ真剣な表情で説明してください。

真剣さが伝わり、歯の影響により他のひどい症状も発生していることを伝えれば、「そうか。そういうこともあるんだな」とあっさり説得出来るでしょう。

そして重要なのは、歯の検査および治療・矯正を受ける場所です。
出来るだけ、おいそれとは行けない他県に設定してください。
信頼できる知人に紹介された名医に診てもらうために、わざわざ遠方から通院するという方も決して珍しくはないのです。

出来れば、その名医が親戚といった設定も用意したいところです。

仮病に歯を使用するということは、実はかなり有効です。
何故なら皆様ご存知の通り、歯の治療は一日ですっかり終わってしまうといったものでは決してないからです。
定期的な継続性も確保出来ます。

日々、歯を大切に

一流の仮病者は、みなさん常に歯を大切にしておられます。
それは仮病者の必須アイテムとしてのケアと、歯に対する感謝の気持ちの表れです。

ただ「明日から急に3日間休みたい!」
といった、アクティブすぎる方は歯は使いづらいです。
なんとか頭痛の3連射で突破を狙ってください。この場合は多少のリスクが伴うのは仕方のないことです。

仮病コンサルタントにお任せください


PAGETOP
Copyright © 仮病コンサルティング All Rights Reserved.