仮病で仕事やプライベートを意義のあるものに

仮病とは

  • HOME »
  • 仮病とは

仮病――この言葉を聞くと、多くの方々がどこかマイナスなイメージを持たれることと思います。

本来はつかなくてもいいウソ、自分を信頼してくれている者に対する裏切り、たとえそれが成功したとしても常につきまとう罪悪感。
真の仮病者(幸福度の高い人間)を目指す方々にとって、まずそういった後ろめたさが最初の障壁になることと思います。

現在では仮病コンサルタントとして活躍してる私ですが、駆け出しの頃はやはりその壁にぶち当たり、苦悩・迷走・もしかしたら自分は仮病に向いていないのかもしれないといったネガティブな思考に陥りました。
しかしある時、仮病歴30年の方(以下ヘブン)と談笑していた際、そのヘブンは悩む私を一笑し、こう助言してくださいました。

「ははははは。そりゃあアレです。仮病をズル休みとして考えるからいけないんですよ。仮病は正当なる自己防衛手段です。恥じることなど何らありません。それに仮病くらい使わなきゃ、現代では到底サバイヴ出来ませんよ」

霧は晴れ、圧倒的晴天

まさに目から鱗でした。
ヘブンの言葉を聞いた瞬間、私の目の前に広がっていた罪悪感の霧は晴れ、それどころか、何か正当な権利を受け取ったような気さえしました。
そう。そうだったのです。
このあまりにもストレスフルな現代、過労死などという奇妙な言葉が乱舞する時代、仮病はズル休みではなく、正当なる自己防衛手段だったのです!

私は時折報道などで過労死関係のニュースを見る度、本当に心が痛みます。
何故この方は仮病という道を選択しなかったのか?
何故そこに「仮病を使って会社を休め」と説得する方がいらっしゃらなかったのか?
亡くなった方がなさっていた仕事は、本当に命を落としてまでする仕事だったのか?
命を落としてまでしなければならない仕事とは?
真面目さとは一体何なのか?
そして勤勉さとは?
何度問いかけても答はいまだに出ませんが、過労死などという痛ましい事件が少しでも減ることを、私はいつも切に願っております。

仮病は希望

繰り返しますが、仮病は決してマイナスなものではありません。
現代社会における正当なる自己防衛手段です。
私の中で仮病は、現代の自分から未来の自分へとつなぐ、希望に満ちた黄金の架け橋といったものになります。
仮病を使って会社を休む時、私はまず宙に大きく手を広げ、目には見えませんが確かにそこに存在する黄金の架け橋に向かって両手を広げ、こう語りかけます。

「届け! 未来へ!」

仮病は自分を輝かしい未来へと導く、大切な財産なのです。

仮病コンサルタントにお任せください


PAGETOP
Copyright © 仮病コンサルティング All Rights Reserved.